麻と大麻との違いは

麻というと、熱い時期に手触りがさらりとして涼しい感触の生地として、多くの方がよく御存じだと思います。
日本は特に古来から麻製品が使われてきたことから、高齢の方ほど麻製品が好きとおっしゃる方は多いのではないでしょうか。
最近は、化繊製品が圧倒的に多くを占めていますので、安い衣料品が手軽に手に入るようになりましたが、化繊は案外洗濯を繰り返すうちに素材が薄くなってきて、破れてしまうものです。
その点、日本に古来から生えている麻は成長が早く、それを衣料品にすると非常に丈夫なものが出来上がることから、洗濯を繰り返しても、へたっていくということがありません。
むしろ洗えば洗うほど丈夫になっていくという、非常に珍しい性質を持っています。
外国から入ってきたアサ科の植物に対して、日本古来の麻はとても大きくなるため、区別するために大麻(おおあさ)と呼ばれるようになりました。
八百万の神をまつる伊勢神宮の神札を大麻と呼ぶようになったのも、大麻が穢れを払う力を持つとして、古くから神道と深いかかわりがあるからです。
ただし、おおあさと読むとはいえ、ほとんどの人がこの漢字を読めば、「たいま」と読んでしまうでしょう。
俗に幻覚症状などの強い薬物依存の症状を引き起こす大麻草は、衣料品などに使われる麻とはまた別物です。
名前が同じということで非常にややこしいのですが、それは同じ大麻でも麻薬成分を含むものと、そうでないものがあるという二つの種類に分けられるからなのです。
当然のことながら麻薬成分を持つ大麻は、大きな危険性があるとして、栽培することを禁じられています。
それに対して、麻薬成分を含まない大麻は、第二次大戦が終わるまではコメと並んで作付け量を指定されて育てていたくらい、おなじみの植物でした。
なんといっても、茎からは繊維が作れ、実からは油が取れるほか、食用としても用いることができるという優れものです。
この実は大豆にも匹敵するくらいの高い栄養価を持っているというのですが、国内では許可なく育てることができないのが残念なところです。
そこで、輸入した実を使い、食用の種子としていますが、麻の油は健康に害をもたらすとされるトランス脂肪酸を含まないヘルシーな油ですので、今後、もっとこの実と油の貴重さが広く伝わるような商品が普及することを願います。
麻薬成分を含む大麻のことは、たいまと呼んだり、マリファナと呼ばれたりします。
マリファナは医療現場において、救いがたいほどの痛みを和らげる薬としても使われていますので、あながち何もかも悪いということではないと思います。
ドラッグとして快楽のために用いる事に対しては厳重な処罰が必要ですが、医療用として医師の判断のもと、適切に適量が使われるのであれば、それもまた、この大麻という不思議な力を備えた植物を有効利用しているということになるのではないかと思います。
不思議な麻、それが大麻なのかもしれません。

Comments are closed.