麻と大麻との違いは

麻というと、熱い時期に手触りがさらりとして涼しい感触の生地として、多くの方がよく御存じだと思います。
日本は特に古来から麻製品が使われてきたことから、高齢の方ほど麻製品が好きとおっしゃる方は多いのではないでしょうか。
最近は、化繊製品が圧倒的に多くを占めていますので、安い衣料品が手軽に手に入るようになりましたが、化繊は案外洗濯を繰り返すうちに素材が薄くなってきて、破れてしまうものです。
その点、日本に古来から生えている麻は成長が早く、それを衣料品にすると非常に丈夫なものが出来上がることから、洗濯を繰り返しても、へたっていくということがありません。
むしろ洗えば洗うほど丈夫になっていくという、非常に珍しい性質を持っています。
外国から入ってきたアサ科の植物に対して、日本古来の麻はとても大きくなるため、区別するために大麻(おおあさ)と呼ばれるようになりました。
八百万の神をまつる伊勢神宮の神札を大麻と呼ぶようになったのも、大麻が穢れを払う力を持つとして、古くから神道と深いかかわりがあるからです。
ただし、おおあさと読むとはいえ、ほとんどの人がこの漢字を読めば、「たいま」と読んでしまうでしょう。
俗に幻覚症状などの強い薬物依存の症状を引き起こす大麻草は、衣料品などに使われる麻とはまた別物です。
名前が同じということで非常にややこしいのですが、それは同じ大麻でも麻薬成分を含むものと、そうでないものがあるという二つの種類に分けられるからなのです。
当然のことながら麻薬成分を持つ大麻は、大きな危険性があるとして、栽培することを禁じられています。
それに対して、麻薬成分を含まない大麻は、第二次大戦が終わるまではコメと並んで作付け量を指定されて育てていたくらい、おなじみの植物でした。
なんといっても、茎からは繊維が作れ、実からは油が取れるほか、食用としても用いることができるという優れものです。
この実は大豆にも匹敵するくらいの高い栄養価を持っているというのですが、国内では許可なく育てることができないのが残念なところです。
そこで、輸入した実を使い、食用の種子としていますが、麻の油は健康に害をもたらすとされるトランス脂肪酸を含まないヘルシーな油ですので、今後、もっとこの実と油の貴重さが広く伝わるような商品が普及することを願います。
麻薬成分を含む大麻のことは、たいまと呼んだり、マリファナと呼ばれたりします。
マリファナは医療現場において、救いがたいほどの痛みを和らげる薬としても使われていますので、あながち何もかも悪いということではないと思います。
ドラッグとして快楽のために用いる事に対しては厳重な処罰が必要ですが、医療用として医師の判断のもと、適切に適量が使われるのであれば、それもまた、この大麻という不思議な力を備えた植物を有効利用しているということになるのではないかと思います。
不思議な麻、それが大麻なのかもしれません。

麻の魅力

夏になると、麻のワンピースを着るのがお気に入りです。
麻は、肌の熱を逃がしてくれる特性があるので、
着ていると涼しいのです。
そんな麻ですが、みなさんは、様々な製品があるのを知っていますか?
今、日本で麻の布というと、
亜麻、すなわちリネンのことを思い浮かべる方が大半かと思います。
私の持っているワンピースもリネンです。
麻は、植物に含まれている繊維の総称で、20種近くあるのです。
それぞれ同じように麻と呼ばれていますが、原料となる植物によって、
それぞれまったく性質が異なります。
主なものでは、リネン(麻)のほかに、ラミー(苧麻)、ヘンプ(大麻)があります。
日本の品質表示で、「麻」と表示することができるのはリネンとラミーになります。
しかし最近、ヘンプ(大麻)が注目を集めています。
無農薬で育てられることから、アレルギーを持っている人でも、
安心して使える線維ということで、ヘンプのアクセサリーなどが販売されています。
大麻(ヘンプ)というと、「たいま」と読み、密売とか密輸で逮捕される事件があったり、
秘密に押し入れで栽培していて逮捕された事件もありました。
医療用の痛みどめに使われるような、とても強く体に作用して、危険性がある、
というイメージもあります。
実際に、現在の日本では、一般の人が大麻を所持、栽培することは、
法律で禁止されています。
しかし戦前までは、大麻は日本人には大変身近なものだったのです。
大麻は、生命力が強く、どんな環境にも順応し、
成長が大変早いという特性があります。
手間いらずで成長も早いということで、大変に重宝されていました。
葉や茎は、線維として衣料はもちろんのこと、神社の縄などの神事に利用されたり、
相撲の化粧まわし、下駄の鼻緒などに利用されていました。
実からとれるオイルは、化粧品や食用として用いたり、
近代には機械油としても利用されてきました。
さらに葉はぜんそくに効く漢方薬といして、一般に広く使われていたのです。
しかし、戦後、GHQによって、大麻の所持販売が禁止されてからは、
日本人の生活からは、影が薄くなりました。
しかし、最近、天然の素材として大麻は再び脚光を浴びています。
所持を禁止されているのは、葉や花穂の部分で、茎などを線維として利用することや、
実からとれる油を使用することは、違法ではありません。
実際に、日本でも、オイルや線維は、たくさん売られています。
大麻の栽培を許可されている栃木県の農家では、
伝統の大麻を使った製品を絶やさぬため、もっと大麻製品を知ってほしいと、
活動しています。
インターネットで、ヘンプと検索してみてください。
ヘンプの糸を使った手芸作品の作り方が、たくさん紹介されています。
ミサンガやネックレスなどです。
きれいな色に染め上げて、素材を販売しているお店もあります。
その素朴な味わいは、やわらかく、魅力的です。
麻といっても、用途は本当に幅広く、驚くばかりです。
みなさんも、暮らしの中に、麻の製品を取りいれてみませんか?

そのミラクルな成分により、活躍しているヘンプの実

大麻(ヘンプ)からは、高い栄養素を持つ実が採取でき、それがナッツとして販売されているのです。
日本でもヘンプの実は、七味唐辛子に入っていますが、外殻がついたもので、噛むとカリッとした感触が楽しめます。
ですが、ナッツはその外殻を取り外し、そのまま食すのです。
味わった人によると、「癖がなくナッツの風味があって美味しい」との事で、海外ではサラダにかけて食べられているそうです。
ヘンプの実は、とても高い栄養素を含んでいるのが特徴で、必須脂肪酸であるω6とω3をバラナス良く含んでいるだけではなく、現在知られている必須アミノ酸10種を全て含む上に他に20種のアミノ酸もあるのです。
必須脂肪酸であるω3は、αリノレン酸、DHA、EPAの三種ですが、ヘンプの実に含まれるのはαリノレン酸のみです。
しかし、αリノレン酸は、その15%が体内でDHAやEPAに変換されるので、DHAやEPAは必ずしも必要ありません。
DHAやEPAは魚に多く含まれますが、わざわざ魚から摂取する必要はなくなるのです。
ヘンプの実の大半は、脂肪酸とアミノ酸が含まれていますが、それ以外にも、炭水化物、食物繊維、ビタミンやミネラルを含んでいます。
そして、現代人が摂取し過ぎているコレステロールは含んでいないのです。
しかも、必須脂肪酸や必須アミノ酸の含有量は、人に合わせたかのように非常にバランスよく含まれており、これらの点から奇跡のサプリメントとしか思えません。
極めて良質の食品と言えるでしょう。
この奇跡の栄養価を活かすように、各種製品が作られています。
海外では、ヘンプの実をパウダー状にして販売しており、そのパウダーをアイスクリームに入れるそうです。
また麻豆腐や麻ケーキ等にも利用されています。
それだけではありません。
ヘンプミルクなるものも、市販されているのです。
作り方は簡単なので、各過程でも自作できるでしょう。
ヘンプの実を水に浸して、ミキサーに掛けて、水と合わせます。
ヘンプの実100gに対して水500ccだそうです。
そして、砕け切らなかったヘンプの実を布などでこして、出来上がりです。
こされたヘンプの実も、大変栄養価が高いため、サラダに掛けて食されると聞ききます。
似たような製品に豆乳があり、こちらも必須アミノ酸を含んでいます。
ですが、決定的に違うのは、ヘンプミルクはアレルギー患者が飲んでも問題ないのです。
大豆アレルギーはありますが、ヘンプアレルギーはありません。
他のアレルゲンである牛乳や米ミルクが飲めない人でも、安心して飲めるのです。
また豆乳では、基礎ミネラルの吸収を妨げるフィタン塩酸や酵素阻害物質を含みますが、ヘンプミルクにはそれがありません。
ヘンプミルクは、既存のミルクと名の付くものの代替になるだけではなく、その問題点も克服している飲料です。
極めてミラクルな製品と言えるでしょう。
ヘンプの実は、日本では七味唐辛子にしか含まれていませんが、海外ではその栄養価を注目し、既に活躍の場が与えられた食品となっているのです。

大麻の使われ方について

大麻(ヘンプ)はアサ科の植物で、私たちの身の回りでも
様々なものに利用されています。
ぱっと思い浮かぶところでは服やカバンなどの服飾品です。
麻は通気性がよく丈夫なので、暑い時期や暑い国では
着る物にするととても快適です。
日本でも世界でも紀元前頃から栽培されていたと言われていて、
木綿が一般的になる前の時代は、麻の服などが一般だったこともあります。
独特なざらっとした粗い感じの手触りが、いかにも自然素材といった感じで、
日本の蒸し暑く過ごしづらい夏などには気分的にも涼しく感じられるのが、
麻の繊維のいいところです。
クールビズや節電が叫ばれ始めて久しいですが、
麻製品こそ暑い夏をエコに乗り切るのに適した素材と言えるでしょう。
また麻は神道と大変関わりが深く、宗教的な儀式や
魔除けにもたびたび使われます。
お盆にご先祖様の魂を送る「送り火」をするときに、
家の前で麻殻を燃やしたことがある人もいると思います。
神社にあるしめ縄なども、麻でできた丈夫なものです。
なので、麻は魔除けや厄除けに役に立つ植物でもあります。
このように宗教的な面でも、日本と大変縁のある植物なので、
潜在的に日本人はあのざらっとした手触りの麻製品を好むのかもしれません。
アジアンテイストなファッションコーディネイトならば、麻製品は重宝します。
ヘンプのブレスレットなどはとてもシンプルですが、
手作り感が演出できて、涼しげで、魔除けにもなり、
身に着けているといいことがあるかもしれませんね。
携帯電話のアクセサリーやストラップ、キーホルダーに利用するのもいいと思います。
しかし大麻というと、どうしても麻薬の「大麻」を思い浮かべてしまい、
何か怖い物、危険性の高い物のように思われがちですが、
大麻に含まれているカンナビノイド成分は現在も医療目的でも利用している国がありますし、
果実は七味唐辛子にも利用されたりするほどなので、
私たちが考える麻薬の怖いイメージだけではないことは
憶えておいた方がいいでしょう。
アサの果実から取れた油はアロマテラピーに使われるなど、鎮静作用もあり、
使用方法を間違わなければ決して怖いだけのものではありません。
○宗教儀式に使われる
○手触り、肌触り
○香りや成分、
上記のような面から見ても、大麻というのは、太古の昔から人間の心に影響を与え、
鎮静させる効果があるということが分かります。
ですから寝具などに利用すると、とても快適に眠れますし、
寝苦しい暑い夏の夜でも、不快さが軽減されるのではないでしょうか。
頭寒足熱と言いますが、枕カバーに麻製品を利用すれば、
頭の周りはカバーが熱を溜めこまないので快適に眠れます。
麻薬などのように危険な使われ方をしなければ、
大麻は日本の気候風土にもよく合っていて、
日本人にとっては、とても身近で利用しやすい植物なのです。
スピリチュアルなものや、生活を快適にし、
心を癒せるようなものが大好きな日本の女性には、
魔除けにもなる麻のアクセサリーなどは、とても好まれるのではないでしょうか。

麻からプラスチック

麻の使い方は古来から様々ですが、全ての部位を活用できる植物として注目を集めているそうです。
麻と言うと麻布を一番に思い浮かべるのですが、繊維として活用されているのは茎の部分です。
穂の部分は医療品、葉は医療品と肥料など、種は化粧品や石鹸、根は土壌改良に使われ、茎の中心部分は紙や建材、プラスチックの原材料としても研究が進められています。
麻は捨てるところがなく、様々な環境でも育つ植物です。
根は土壌にくまなく張るため、収穫後の土はふわふわになるそうです。
また、年間降水量が少ない土地や、寒冷地帯でもでも栽培できた事例もあるほど、幅広い環境で育てられるため、砂漠地帯や、不毛地帯の緑化などにも利用されています。
万能な植物ですね。
今では麻を使った製品がネットショップでもたくさんあり、復興支援タオルなどもありました。
私が見たのは綺麗な絞り藍染のタオルでした。
他にも優しい木の色合いの箸などさまざま。
なんとそのお箸は、麻からプラスチックを作る技術で作られた箸だそうです。
今回私が注目したのは、この植物からプラスチックと言う、未来を変えるかもしれない物作りについてです。
バイオマスプラスチックともよばれるこのプラスチックは、麻と、お米からできています。
加工には、独自の方法でお米と麻の茎の中心部分(オガラ)を樹脂化して、ペレットを作るのだそうです。
このペレットは、麻とお米でできているので、『INASO』と名付けられ、現在も研究は続けられています。
INASOに使われるお米と麻は、備蓄米の古米と、今までは産業廃棄物になっていた麻の繊維を取ったオガラに、樹脂化する石油系成分を混ぜてできており、植物100%とはいかないものの、100%石油系成分の今までのプラスチックと比べれば、かなり地球に優しいことが想像できますね。
こうした天然素材は、地球環境に優しいだけでなく、軽く、低コストなため使う企業にもメリットが高く、また、強化剤目的で使っていたガラス繊維の代替としても利用できるため、海外の自動車の内装材などへすでに実用されています。
作る際にブローと言う方法を使うペットボトルはまだ作れる技術は開発されていませんが、成分の配分を変えることで、たくさんの製品が作れるようになったそうです。
研究が進んで、将来ペットボトルも製作ができるようになったら嬉しいですね。
私達の身近にある、なくなったら不便なプラスチック製品、
それが、世界各地のどのプラスチック製造会社でもつくれて、製品の全てがこのバイオマスプラスチックに変わったら、なんて素敵なんだろうと思います。
今までなぜこの研究がなされなかったかというのは、ニーズが無かったからだそうです。
このような要望があったから研究もスタートしたということは、環境問題を考える人がそれだけ多くなったということに繋がるでしょう。
現在の地球環境だけでなく、未来を考えなければいけない今だからこそ、こうした研究は非常に大切なことです。

ベストイー

私は数年前から低用量のピルを服用しています。
理由は、ホルモンバランスを整えるためです。
現在、20代前半ですが、生理不順が酷く大きな悩みとなっていました。
あまりの不順さに辛く感じた私は、婦人科に足を運ぶことにしました。
そこで処方されたのが低用量ピルだったのです。
低用量ピルを飲むことで生理不順が治ったり卵巣機能を改善することができると言われています。
将来、妊娠を希望している私にとって低用量ピルは、救世主ともなっています。
しかしながらネックとなっていたのが、病院の待ち時間と費用の高さでした。
事前に予約を取って婦人科に足を運んでも2時間待ちは当たり前なのです。

普段、忙しく仕事をしているので、正直なところ休日はゆっくりしたいなというのが希望です。
しかし、病院の診察が終わるだけで数時間かかってしまうため、大きなストレスともなってしまっていました。
また、費用が高く、安月給の私にとって痛い出費でした。
そんなこともあり、時間やお金をかけずに低用量ピルを手に入れる方法はないのかと探してみることにしました。
そんな時に海外の医薬品を個人輸入代行業者を利用して、低価格で購入できることを知りました。
インターネットを利用して調べてみたところ、たくさんの個人輸入代行業者があることが分かりました。

私がその中でも信頼できそうだなと思ったのが、ベストイーという個人輸入代行業者です。
こちらでは、販売元の薬剤師が厳しい成分チェックを行っていたり厳選されたメーカー品のみ取り扱っています。
また、送料や消費税が一切かからない点にも魅力を感じました。
何より嬉しいのは、処方箋も一切不要ですから、わざわざ病院に足を運ぶ必要もなく、注文から受け取りまで全て自宅で行えるのも嬉しいです。
もちろん、私の求めている低用量ピルも販売されています。

こちらの個人輸入代行業者では、きちんと低用量ピルについて詳しく説明されている点に信頼度が高まりました。
低用量ピルの成分や服用方法、効果など知りたかった情報を知ることができました。
婦人科の病院に通っていてもここまでの説明はありませんでしたから、ありがたいサイトだなと思います。
また、サイト内も分かりやすく注文しやすいので、めんどくささが一切ありませんでした。
私は現在、低用量ピルが21錠入っているタイプのものをまとめ買いしています。

病院で処方してもらっていた時よりも費用を抑えることができているので、家計にも負担をかけずに生理不順を改善できています。
どんなに効果があっても高価なものでは、なかなか継続していくのは難しいという方も多いと思います。
しかし、個人輸入代行業者などを利用すれば、安心安全に服用できるリーズナブルな医薬品を手に入れることができて、身体の不調やコンプレックスを改善することができるのです。
私は、ストレスなしで欲しい医薬品を手に入れることができたので、これからも個人輸入代行業者を利用していきたいです。

※関連サイト・・・ベストイー
こちらのサイトはベストイーに関して、ジャンルなどを解説しているサイトです。
このページを作成するにあたり、参考にさせていただきました。